【わたしはサキュバスとキスをした】3話 ネタバレ感想・あらすじ・登場人物紹介

「わたしはサキュバスとキスをした」3話のネタバレ感想(レビュー・評価・口コミ・考察)をまとめます。

  • 作者…白玉もち
  • 雑誌…電撃だいおうじ

©Shiratamamochi 2020

目次

世界観

人間らしく生きたい思っているサキュバスの「雪子」は転校生「このみ」にトイレの個室に連れ込まれる。「このみ」は「雪子」に激しく接吻する。「雪子」は淫乱なサキュバスを嫌い、接吻を拒絶。「このみ」は「雪子」に興味を持ち、「雪子」に「サキュバスらしく生かせる」と伝えるのだった。

登場人物

「わたしはサキュバスとキスをした」の登場人物を紹介します。

大津雪子
サキュバス。淫乱なサキュバスは嫌いで、人間らしく生きたい。フウは大切な友達。

韮坂このみ
サキュバス。雪子たちの学校に転校してきた。人間らしく生きたいと言っている雪子をサキュバスらしくさせたい。

柳原フウ
雪子の友達。

ネタバレ感想

3話では雪子とこのみが水族館デートします。

2人とも私服がいい。

雪子が意外と私服に力いれててかわいいですね。😊

雪子はこのみからもらった飲み物を飲みます。

間接キスと言われ、雪子は意識してしまいます。

このみから雪子にぐいぐい行く感じでいいですね😊

しかも普通に手つないでるし

最後、水族館にフウちゃんいましたね。

めっちゃ嫉妬してます。

私服もいい

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる