【あらすじ】推しが隣で授業に集中できない! 3話【感想】

「推しが隣で授業に集中できない!」3話の感想(レビュー・評価・口コミ)をまとめます。

  • 原作…筒井テツ
  • 漫画…菅原こゆび
  • 連載…コミックDAYS
  • 3話(第3限)…接触不可避
目次

登場人物

「推しが隣で授業に集中できない!」の登場人物を紹介します。

真中咲子(まなか さきこ)
アイドル「春色サンシャイン」の吉田千尋(ちろちゃん)が大好き。ショートヘア。自信なさげな性格。

吉田千尋(よしだ ちひろ)
アイドルグループ「春色サンシャイン」のメンバー。まだまだマイナーなアイドル。ロングヘア。笑顔がちょー素敵。

外澤磨彩(とざわ まあや)
ちろちゃん大好き。かわいいけど、独占欲が強くてちょっとヤバそうな子。ツインテール。

あらすじ

憧れのクラスメート吉田千尋と挨拶ができるようになった真中咲子。そんな中、吉田千尋から誘われてお昼を一緒に食べることになる。続いていたSNSの嫌がらせメッセージに異変が…。メッセージの送り主がついに判明!

感想

実は昨日まで、主人公はトイレ飯してたみたいですね。

女の子でトイレ飯はやめてくれよ😅

ちひろちゃんの方から昼ご飯を誘うということで、やっぱりちひろちゃんも主人公のことが気になってますね。

ちひろちゃんはなぜ主人公のことが気になっているのか?

普通に考えれば、よそよそしい人とはあまり関わりたくないように思います。

今後、ちひろちゃんの胸の内が聞けたらいいですね。

ご飯での会話で、2人とも「好きなものは最後にとっとく派」ということで、盛り上がってました。

しかもちひろちゃんの方からこの話題を出してました。

人は共通点が見つかると仲良くなれると言いますが、共通点を見つけようとする(たまたま見つけただけ?)ちひろちゃんの主人公への好意を感じます。

「下の名前かわいい」「咲ちゃんって呼んでいい?」というあたりも同様です。

最後、SNSのメッセージが「消えろ」から「ずるい」になり、主人公がまあやちゃんに顔をつかまれる描写がありました。

まあやちゃん、うらやましすぎて、ついに我慢できなくなったんでしょうね😅

しかもちょっと泣いてる😅

「私だってちひろちゃんと仲良くなりたい」「なんであんたなの?」「私の方がちひろちゃんのこと好きなのに…」

人間の本能的な描写をもっとみたいですね。

主人公がちひろちゃんとお昼ご飯一緒に食べてるのを見たまあやちゃんとか

 

「推しが隣で授業に集中できない!」の話↓

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話
16話17話18話19話20話
21話22話23話24話25話
26話27話28話29話30話
31話32話33話34話35話

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる