【魔界帰りの劣等能力者】0話 ネタバレ感想・あらすじ・登場人物紹介

「魔界帰りの劣等能力者」0話のネタバレ感想(レビュー・評価・口コミ・考察)をまとめます。

  • 原作…たすろう
  • 作画…鳥飼やすゆき
  • キャラクター原案…かる
  • 配信…ガンガンONLINE
目次

世界観

堂杜家は代々、魔界と現世を繋げる大穴の守り手。堂杜祐人は家の直系の術が使えないが、秘めた力を持っている。その力を発動すると、祐人は他人の記憶から消えてしまうという。

登場人物

堂杜祐人 (どうもりひろと)
家の直系の術が使えないが、すごい力を秘めている。秘めた力が発動すると、他人の記憶から己が消えるらしい。

白澤茉莉 (しらわさまつり)
祐人の幼馴染。小4から祐人の家の道場に通ってる。剣道うまい。

ネタバレ感想

0話ということで、基本的にはキャラクターや世界観の紹介で終わりましたね。

祐人は落ちこぼれと言われているらしいですが、最強クラスの魔人を数時間で消滅させます。(本来、Sランク以上が数人で戦って勝てるかどうかの相手)

祐人、めちゃくちゃ強いですね。

ただ祐人が秘められた力を使うと、周囲から祐人の記憶が消えるらしいです。

魔人と戦ったということは、祐人は秘められた力を使ったはずですが、クラスメイトの中には祐人を覚えてる人と忘れてる人がいました。(茉莉と一悟は祐人のことを覚えてました。)

なぜ祐人を覚えている人と覚えていない人がいるのか、気になります。

そこには魔人を消滅させた(品川の事件)時以来、行方不明な母親が関係しているのでしょうか。

作品の題名が「魔界帰りの劣等能力者」っていうくらいですから、魔界で何があったのかがこの物語のポイントなのかもしれません。

あと、1年前、祐人は茉莉を告白して振られたらしいですね。

でも茉莉は「祐人がいつも引っ張ってくれれば、私だって…」と言っているので、祐人のこと気にはなっているんでしょうね。

今後の恋愛話も気になります。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる