【ギルティサークル】 10話 あらすじ・ネタバレ感想・登場人物

「ギルティサークル」10話の感想(レビュー・評価・口コミ)をまとめます。

  • 原作…門馬司
  • 漫画…山本やみー
  • 連載…講談社 マガジンポケット
目次

世界観

田舎生まれの冴えない男、沢屋童二は美少女の絵描きに熱中。ある日、沢屋はいとこが東京の大学でかわいい彼女を作ったことを知り、絵描きを封印。童二は彼女を作るため東京の大学へ行くことを決める。

登場人物

「ギルティサークル」の登場人物を紹介します。

沢屋 童二(さわや どうじ)
田舎生まれの冴えない男。絵を描くのが得意。青応大学の学生。

平井 健介(ひらい けんすけ)
童二の中学の同級生。青応大学の学生。

川谷 雄二郎(かわたに ゆうじろう)
サークル「ユーフォリア」の部員。沢屋の上級生。

秦 美和子(はた みわこ)
サークル「ユーフォリア」の部員。沢屋の上級生。

星見 楓(ほしみ かえで)
童二と一緒にサークル「ユーフォリア」を見学。

武田 剛(たけだ つよし)
サークル「ユーフォリア」の部員。沢屋の上級生。

西田
漫研の部長

早川沙織(はやかわ さおり)
漫研の部員。オカルトが好き。

星見 千鶴(ほしみ ちづる)
楓の姉。「ユーフォリア」の部員だったが、現在消息不明。

ネタバレ感想

楓は姿を消した千鶴のことで、川谷を問い詰めます。

しかし川谷もなぜ千鶴が姿を消したのか分からないとのこと

川谷は千鶴のことを本気だったと言います。

沢屋も部屋に入ってきて一緒に話を聞きます。

大学1年の川谷は千鶴、美和子、武田と仲が良かったようです。

美和子、武田のアドバイスのおかげで、川谷は千鶴と付き合えたとのこと

谷、千鶴、美和子、武田の4人は一緒に「ユーフォリア」に入ります。

しかし「ユーフォリア」に入ったことで状況が変わります。

サークルに入って2か月ほどすると、千鶴の様子がおかしくなり、ラインの返信も少なくなります。

最後に川谷が千鶴と話したのは夏合宿。

川谷はそれ以降、女性に対して本気になることはありませんでした。

川谷も被害者なのね…😅

川谷は知ってるとしたら武田だと言います。

そこに武田が部屋に乗り込んできます。

タイミングが良き😊

 

「ギルティサークル」の話↓

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
11話12話13話14話15話

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる