【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます】4話 ネタバレ感想・あらすじ・登場人物紹介

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます↓

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」4話のネタバレ感想(レビュー・評価・口コミ・考察)をまとめます。

  • 著者…石沢庸介
  • その他…メル。
  • 原作…謙虚なサークル
  • シリーズ…KCデラックス
  • 4話…冒険者が何か企んでます
目次

世界観

今にも死にそうな男。

最後の一撃を振り絞り魔術を放つが簡単にはねのけられる。

魔術師に大切なのは家柄、才能、努力という世界。

男は庶民だった。

強大な魔法に焼き殺される男。

貴族の魔法は素晴らしい、もっと魔術を極めたかったと思い、男は死んでいった。

目開けると、男は赤ん坊になっていた。

記憶を残したまま転生している。

目の前にはメイドがいて、まるで自分が貴族の子どもよう…

軽くメイドに火球で牽制する赤ん坊。

すると火球で天井に穴が…

メイドたちは大慌て。

この物語は、第七王子に転生した男の魔法を極める物語だ。(というかすでに強い)

登場人物

ロイド
貴族に焼き殺されたが、サルームの第七王子ロイドになった。とにかく魔法を極めることに興味津々。かわいい男の子。ショタ

シルファ
ロイドのメイド、教育係。剣の達人。

グリモワール
かつてサルーム王国を滅亡寸前に追いやった魔人。城の地下に封印されていたが、ロイドに甘いこと(嘘)を言って封印を解除してもらう。その日からロイドに振り回される日々になる。

アルベルト
サルームの第二王子。ロイドの兄。文武両道。時期王子の噂も。

タオ
「気」の使い手の少女。

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」を読む方法

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます。

は買った金額によりポイント還元があったり、3000作品以上の無料漫画がありお得です。

4話ネタバレ感想

物陰に隠れるロイドの存在に気付き、ロイドに近づくタオ。

第七王子とばれないようにロイドは駆け出し冒険者に変身します。

急に背伸びて、イケメンになってびっくりですね🤣

変身したロイドを見て「イケメン」って言っちゃうタオもいいですね。かわいい。

「上玉あるよぉお」ってタオちゃん、バカな子😅

タオと一緒に行動することでロイドも「気」を習得していきます。

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」は

で読めます。

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます↓

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる