【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます】36話 ネタバレ感想・あらすじ・登場人物紹介

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます↓

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」36話のネタバレ感想(レビュー・評価・口コミ・考察)をまとめます。

  • 著者…石沢庸介
  • その他…メル。
  • 原作…謙虚なサークル
  • シリーズ…KCデラックス
目次

世界観

今にも死にそうな男。

最後の一撃を振り絞り魔術を放つが簡単にはねのけられる。

魔術師に大切なのは家柄、才能、努力という世界。

男は庶民だった。

強大な魔法に焼き殺される男。

貴族の魔法は素晴らしい、もっと魔術を極めたかったと思い、男は死んでいった。

目開けると、男は赤ん坊になっていた。

記憶を残したまま転生している。

目の前にはメイドがいて、まるで自分が貴族の子どもよう…

軽くメイドに火球で牽制する赤ん坊。

すると火球で天井に穴が…

メイドたちは大慌て。

この物語は、第七王子に転生した男の魔法を極める物語だ。(というかすでに強い)

登場人物

ロイド
貴族に焼き殺されたが、サルームの第七王子ロイドになった。とにかく魔法を極めることに興味津々。かわいい男の子。ショタ

シルファ
ロイドのメイド、教育係。剣の達人。

グリモワール
かつてサルーム王国を滅亡寸前に追いやった魔人。城の地下に封印されていたが、ロイドに甘いこと(嘘)を言って封印を解除してもらう。その日からロイドに振り回される日々になる。

アルベルト
サルームの第二王子。ロイドの兄。文武両道。時期王子の噂も。

タオ
「気」の使い手の少女。

アリーゼ
第六王女。ロイドが大好き。動物との意思疎通がうまい。

ディアン
第四王子。鍛冶師。

毒蛾のレン
暗殺者ギルド。毒を使う。

巨鼠のバビロン
暗殺者ギルド。軟体。

闇鴉のクロウ
暗殺者ギルド。言葉に魔力を乗せる。

蜘蛛のガリレア
暗殺者ギルド。魔力を粘液に変化。

百傷のタリア
暗殺者ギルド。見つめながら自傷すると、対象に同じ傷を与える。

神隠しのジェイド
暗殺者ギルドリーダー。意志とは関係なく勝手にいろんな場所に転移する。ロードスト領、領主の三男。

ギザルム
魔界から大陸に来た魔族。瞬間転移能力が欲しかったので、ジェイドの肉体を奪う。

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」を読む方法

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます。

は買った金額によりポイント還元があったり、3000作品以上の無料漫画がありお得です。

ネタバレ感想

ロイドは分身の術をして、ギザルムの攻撃から逃げます。

そんな危険な状況の中で、ロイドはギザルム(ジェイド)の影狼を解読し始めます。

グリモがめちゃくちゃ焦ってますが、そりゃ焦りますよね😅

ロイドは短期間の中で、影狼を解読しました。

ロイドは瞬間移動し、ギザルムを攻撃します。

ロイドすごすぎ😀

「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の単行本はで読めます↓

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる